新宿でおすすめの税理士さんを見つけるには

「マイナンバー制」という言葉を聞いたことはありませんか?
マイナンバーは住民票を持っている人に一人1つの番号をもらい、社会保障や税金、災害対策などのために情報を管理するための番号のようです。
このマイナンバーの番号ひとつで、あらゆる情報を紐付けすることができるようになるので、特に年金や医療福祉、労働などの社会保険や税金などの情報が行政で統一した管理ができるようになり、今年の10月からマイナンバーが住民票の住所に送られてくるそうです。
さて、そうなると個人の方はもちろん、会社の場合には従業員のマイナンバーを管理することになります。
マイナンバー制がはじまると、その番号の管理などで税理士さんにアドバイスをもらうと安心です。
税理士さんは個人の確定申告はもちろん、会社の従業員の税金や社会保険料など、お給料や収入そして雇用に関しても専門家です。
今後税理士さんが必要になることが多くなりそうなので、今のうちから税理士を見つけておくのがおすすめです。
税理士の見つけ方は最近はネットで探すのが主流のようで、エリアに絞って自分に合った方を見つけることが簡単にできるようです。
新宿など大きい街で税理士さんを見つける場合にも、税理士検索サイトなどを利用してみるのが良いかもしれませんね。

お気に入りは、上野毛の歯医者です。

今まで一番お世話になったのは、上野毛の歯医者だと思います。
私がこれまで生きてきて何が一番大変だったかって、それは自分に合う歯医者を見つけることでした。
相性のいい歯医者を見つけるのに本当に苦労して、虫歯の治療も長らく放置していたくらいです。
上野毛の歯医者は最も自分に合っていたし、イヤな思いをすることもありませんでした。

最初は実家の近くの歯医者に通って、両親もそこに通っていたので何も疑いませんでした。
でも、歯科衛生士の人も歯科医師の人も、なんか素っ気無いし、たいして説明もしてくれないんです。
そこしか行ったことがなかったから、どこもそんなもんだろうと思っていました。
そんな中、どうしても診てもらいたいときに時間帯が合わず、一駅隣の歯医者に行ったんです。
もちろん初めて行ったんですが、スタッフが全員すごく親切でニコニコしていて驚きました。
先生もすごく丁寧に説明してくれて、かなり好印象だったんです。

後日、友人にその話をすると、今は歯医者が増えてるから、親切で丁寧な対応はむしろ当たり前だと言われました。
自分が今まで通っていたところは全くそんなことなかったので、かなりびっくりでした。
しばらくはニコニコ丁寧な歯医者に通っていたのですが、顔を覚えてもらったあたりから少しめんどくさくなりました。
馴れ馴れしいというか、なんというか、とにかく適度な距離感ではなくなってきたんですね。
虫歯の治療が途中でしたが、いつの間にか足が遠のきました。

そんなとき上野毛の歯医者に出会ったんです。
虫歯は放置しすぎて一刻を争う状態でした。
ここは、患者との距離感もちゃんとしているので、安心できます。
結局10年くらい通ったと思います。
転勤で引っ越すことがなければ、今でも通っていたと思います。

住道駅の歯科でピカピカの歯になったね!

うちの娘、5歳なんだけど、すごく我慢強いんです。痛いとかそういうの全然言わなくって。
赤ちゃんの時から予防接種でもあまり泣かず、痛みに特別強いのかもしれないけど。

でも、しんどい時とか体がキツイ時にもあまり言わないから困ります。
例えば、熱が出てフラフラしてるのに我慢して、風邪を酷くした事も何度もあるんです。
辛い時はちゃんと教えてねって言ってるんだけど、我慢しちゃうみたいなんです。

今、住道駅の歯科に通っていますが、そこでも治療の時に全然泣きません。
先生も「強いね~」って褒めてくれて、それが嬉しいみたいで、頑張っているようです。

そうやって頑張って通ってるので、ピカピカの歯になったねって褒めてあげています。
きっと、頑張って我慢して褒められるのが嬉しいのかもしれませんね。

でも、まだ幼いのだから、そんなに我慢せずに痛い時は泣いても良いんだけどな、って心配にもなります。
3歳の弟なんて、病院に行くだけでも泣きわめいています。何にもしてないのに「いたい!」って(笑)

お姉ちゃん、そんな弟の手前、泣けないのかもしれないな。無理ばかりさせずに、少しガス抜きしてあげないとなぁ。