虫歯治療の段階について

虫歯は非常に気になる体の悩みの1つですし、痛みが気になりだすと気になって仕方がないという方も多いのではないでしょうか。
そんな虫歯を治すためには歯科医院や歯科クリニックで治療を受ける必要がありますが、虫歯治療の段階によって差があることをご存知でしょうか?
虫歯にも色々進行具合に段階があるので、それによって治療法や治療期間に差が出てくることも多いようですので、少し調べてみました。
まず初期虫歯と呼ばれるものがあり、その中にもC0とC1という段階があるようです。
C0の場合には表面のエナメル質に透明感が無くなってきている状態、C1の場合にはエナメル質が少しだけ溶けた状態を指すよう です。
これらはかなり初期の状態なので、虫歯治療も簡単なようです。
次にC2の状態になります。
ここでは虫歯がエナメル質を越えて象牙質まで進行している状態のため、実際に痛みを感じる虫歯になってきているようです。
さらに進むとC3となり、象牙質も越えて歯髄という神経まで達した状態になるので、かなり激しく痛みを感じる虫歯の状態になっているようです。
ここまで進行してくると、虫歯部分の除去だけでなく、神経部分を取り除く治療が必要になってきます。
ここまで進みたくないものですがC4という状態になると歯冠部という見えている歯の大部分がほとんど残っていない状態で、歯髄が死んでしまっていれば逆に痛みがなくなる場合もあるようです が、顎にまで炎症を及ぼす可能性もあるので、歯を抜かなければならないことになってしまいます。
虫歯治療の段階としては何より早めの段階で治療を受けるのが一番楽ですし負担も少ないので、歯に違和感を感じたら是非診察を受けてみることをお勧めします。